プロの加工技術

factory
transfer print

転写プリント

デザインを特殊なシートに印刷して、300kgの圧をかけて圧着プリントする方法です。版をつくる必要がないので、版代がかからず、印刷出力機の色数は無制限なので、グラデーションなどの表現が可能になります。

point
  • 版代がかからないので小ロット向き
  • 色数が無制限・写真やグラデーションも対応可能

商品ができるまで

  1. 転写シート出力&カット

    転写シート用に作成したデザインデータを出力。素材などによって出力するシートを選びます。転写シートの場合、インクを乾燥させるため、出力後半日程度寝かせます。

    イメージ写真
  2. 転写シートの作成

    出力してカットしたシートから余分な部分を取り除きます。透明のアプリケーションシートをその上に貼り、台紙からはがします。

    イメージ写真
  3. 圧着

    貼り付ける母材(Tシャツなど)を圧着機に固定し、転写シートをセット。仮圧着、本圧着と2回プレスします。

    イメージ写真
  4. 完成

    プレス機から取り、熱を冷まして完成です。一枚一枚、最終的に検品した後に納品いたします。

    イメージ写真
embroidery・patch

刺繍・ワッペン

ロゴやチーム名などを刺繍やワッペンで表現することで、独特の風合いに。特殊な機械をつかっているので、細やかな表現まで再現が可能です。糸の色は20色程度から好きなものを選べ、洗濯堅牢度も高くハードな環境にもオススメです。

point
  • 色が鮮やか、耐久性が高い
  • キャップなどの丸みを帯びた 3D 刺繍も対応可

商品ができるまで

  1. データ作成

    刺繍専用のソフトでデータ作成します。縫う順番、針のポイント、密度など、細かい設定を入力します。刺繍の仕上がりに影響する作業なので、専門スタッフが担当します。

    イメージ写真
  2. 専用機にセット

    作成したデータを刺繍機に送り、糸をセットし、刺繍する素材をセットします。この時に刺繍機の糸の張りなどを調整します。この作業も仕上がりに大きく影響するので、高い技術が必要です。

    イメージ写真
  3. 刺繍

    糸の色など間違いがないか最終チェックし、機械をスタートさせます。縫い終わるまで自動で機械は動きます。

    イメージ写真
  4. 完成

    刺繍機から取り、余分な糸をカットし、検品をして完成です。

    イメージ写真
イメージ写真

世界にひとつだけの
オリジナル刺繍ワッペン

マークランドではオリジナルのワッペンも制作しております。
豊富な糸色や下地からベースとなるカラーを選んでいただき、ご希望のサイズやカタチにて制作可能です。
チームワッペンやスタッフワッペンなど活躍すること間違いなしです。